So-net無料ブログ作成
検索選択

加重する足

この間、一番目からウロコだったのは、私のフォームは両足の幅が広すぎるってこと。広いから右ストレートを打つときに、右足首が回転しない。つまりはストレートが伸びない。その幅を半分にするだけで、ストレートが拳二個分くらい伸びる。そして、足首が回転する余裕もできる。

しかし、フォームって、修正するのは、とっても大変。

幅を半分にするって言ったって、どこまで狭くするのか、模索が必要だ。今日だいぶ、いろいろやってみたのだけど、どの位置もしっくりこない。しっくり来なければ、あっという間に元の位置に戻ってしまう。

また、今まで、一生懸命「前足加重」になるように練習してきた。それこそ必死で! でも、どうしても後ろ足加重になってしまう。後ろ足に加重していながらにして、後ろ足を蹴ったり、足首を回転させたりって、よく考えたら、かなり無理なことをさせているみたい、、、だ。

で、ふと普段の自分の重心を気にしてみた。すると、止まっているときは常に右足に体重が乗っている! だから、どんなに頑張っても、前足(左足)加重ができなかったのだ。

日常生活から、左足に加重するように意識してみようか。そうすると、今まで意識するだけではどうにもならなかったモロモロのことが、一気に解決するかもしれない。でも、そう簡単に加重する足を変えることはできないだろうから、時間はかかるだろうけど。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 2

ku-chan

 なんとなく、今日の話はバッティングにも通ずるものがありますねー。
 でかいの(ホームラン)が欲しくなると、どうしてもスタンスが広くなりがちで、そうするとキャッチャーよりの肩が下がり、バットスイングが下から出てくるいわゆる「“アッパー”スイング」になりがちで、しかも身体も回転しにくくなって、バットを振りきれない、結果、凡フライが増えてしまうんですよ。身体の小さい子にこの傾向がとても多いですね。非力さをカバーしようとする様ですが、逆効果なんですよね。
 パワーの少ない子には少ない子のスイングがあるはずなんですが、なかなかね…
 一度しみついたフォームを治すには、しみつくまでの倍の時間がかかる、というのが私の感覚です…。気長にやるしかないんですよね~。
by ku-chan (2011-11-07 09:46) 

菜月

本当ですね。けっこう共通するものがありますね^^ 

お話聞いていて、小3の下の娘のバレーボールの練習風景を思い出してしまいました。サーブを打つのに、ボールをやや高く上げて、下から上に、自分の右側から左側に、ブウンっと思い切り振っています(ボールに手があたる確率の低いこと^^;)。そうでなくて、ボールの芯をチョンと当てるだけでいいのだと、繰り返し説明しているのですが^^;;;;;

結局、スポーツって「体の使い方」という意味では、そうとう共通するところがありそうですね^^


by 菜月 (2011-11-08 19:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。