So-net無料ブログ作成
検索選択

世界女子選手権の代表

世界女子選手権の代表が発表された。

バンタム級の代表の藤野さんとは、合同練習会で、何度もスパーリングをさせてもらいました(2010年2009年10月2009年7月)。当時彼女は高校生だったけど(今は大学生)、1度も勝てなかったなあ^^; 最後に対戦したときは、私もそれまでよりは「強くなった」時期だったので、「もしかして?」って思ったけど、当然彼女も以前よりレベルアップしていたので、負けてしまいました。でも、彼女も私のことを「強くなった」と評価してくれていたみたいでした^^ 

フェザー級の好川菜々選手は、いつもテレビ取材のクルーが撮影している有名選手でした。残念ながら1度も対戦させていただく機会には恵まれませんでしたが、うまくて強くて、「いつかうまくなれたら一度は対戦させてもらいたい」と思っていたあこがれの選手でした。

ライト級の釘宮選手とは練習試合で、2回対戦させてもらいました。一度目はなんと40秒ほどで負けてしまいました(2008年10月)。初めてリング上で「もう試合をやめたい」と思ったほどでした。でも、二度目(2009年
は4R全部戦えました^^ 体の動きという点だけで言えば、このときが一番動けていた時期だったように思います(でも、ガードは今のほうが断然できていますけど^^)。 

そういえば、2009年4月の合同練習会で対戦した方は、いまやタイでプロボクサーになっているなあ。

こうやって見ていると、本当に悔しさが出てきます。若いっていいなあって思います。わたしがボクシングを始めた年齢が、せめてあと10年若かったら、きっと、この方々と真剣勝負ができただろうと思うからです。「自分が勝てた」とは、さすがに思えませんけど、毎日練習して、真剣に取り組んでいたならば、どこまで強くなれただろう?って思うのです。

以前は、年に数回あった合同練習会が、今は年に一度あるかないかになってしまいました。今年あるかどうかもわかりません。その合同練習会で、公式戦に出ている選手の方々と練習試合をさせてもらえるのが最大のモチベーションでした。

ボクシングを始めて丸7年がたちました。ボクシングを始めたときは、こんなに長く、こんなに真剣にするようになるとは、思っていませんでした。

「公式戦に出られない」ということをのぞけば、ホントにボクシングをやり始めてよかったな^^って思います。

こんな思い出話を書いていたら、もうボクシングをやめるみたいですが、趣味としてのボクシングは、まだ続けますよ~~~~^^


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。